「お返し」と「内祝い」 |カタログギフト オクール【25%割引】

「お返し」と「内祝い」

お返しと内祝いは違います。

内祝いは身内でするお祝いのことで、喜び事を周囲の人々と分かち合うことが目的です。内祝いとはお祝いをいただく、いただかないにかかわらず、親しい人と共に喜びを分かち合っていただこうとするもので、宴席に招いたり、お赤飯を配ったりといったことが行われてきました。

しかし、現在ではお祝いをいただいた方に対してのお返しを内祝と呼ぶことが一般的になっています。 お返しの品に「内祝い」と表書きすることから、このふたつは同じと思われがちですが、本来は別のものです。しかし最近では、このようなこともお祝いの催促と受け取られかねないので、内祝いを配る場合は誤解を招かないように、贈る相手に気をつけましょう。

お祝いを頂く側のマナー

お祝いを頂いたら、まずはたしかに受け取りましたというご報告も含めて、3日以内にお礼の電話などをするのがマナーです。また、特に改まった場合や目上の方へはお礼状を出します。

お祝いは必ずお返ししなくてはいけないの?

お返しをするのが通例となっているのは「快気祝い」(病気見舞いのお礼)と「香典返し」のみです。あとは、お付き合いの程度や内容により異なります。しかし、お礼の言葉は必ず、電話や手紙で入れておきましょう。そして、頂いた方に今度、おめでたいことなどがあった時に忘れずにお祝いを贈ることです。

お返しの目安は?

一般的には「半返し」といって、頂いた金額の半分ぐらいをお返します。実際には半分から1/3ぐらいが多いです。また、頂いた日から10日から1ヶ月以内に贈るようにします。

喜ばれるお祝い返し、カタログギフト 25%割引

  1. あなたは予算にあったコースと送る用途を選ぶだけでOK!
  2. 先様が、自分で好きなものを選べるので、喜ばれること間違いなし!
  3. 商品に、のし包装あいさつ状がセットされているので、マナー失敗しない。
  4. 先様へ直接送ってほしい場合は120円/冊(着日・時間指定不可)または525円(着日・時間指定可)で指定できます。

お礼・内祝い用のご挨拶状

あなたのお気持ちをお伝えするご挨拶状を無料にてご用意しています。
用途に合ったご挨拶状をカタログギフトにお付けします。

logo_s.png カタログギフト25%割引 13コース一覧

カタログギフトの各コース名をクリックすると詳細が見れます。